琵琶湖一周サイクリング180km ~湖西編~
サイクルイベントのご紹介

秋のロングライド
琵琶湖一周サイクリング180km ~湖西編~
d0174462_248193.jpg

早朝にりスタートした琵琶湖一周サイクリングも、草津から始まり近江八幡、長浜、
さらには木之本、海津大崎を経てマキノ町までやってきました。
これまで湖東編、湖北編とご紹介してまいりましたが、今回は最後のエリア、湖西編を
ご紹介させていただきます。
      
湖西エリアは若狭に抜ける街道が続き、これまで走ってきたエリアに比べると
やや交通量も多くなります。ただ湖西エリアでも近江今津、安曇川、高島といった北西では
旧街道や手つかずの自然も残っており非常に走りやすい区間でした。
旧家が立ち並ぶ宿場町や古くからの港などもあり、走っていても昔の文化に触れることが
出来ます。


~湖西編 マキノ町から今津、高島、和邇、さらに琵琶湖大橋を渡り草津まで~


前編の湖北編では桜並木の海津大崎を通りここマキノ町の旧街道入り口まで
ご紹介してまいりました。湖西編はこのマキノ町より始まります。
d0174462_2514171.jpg

マキノ町よりコースルートは近江今津まで続く旧街道へと入ります。
d0174462_2531398.jpg

この辺りも旧家が並び交通量も少なくホッとします。どこか懐かしい雰囲気が漂います。
d0174462_254934.jpg

d0174462_2542317.jpg

すぐ横には今津浜が見えます。
d0174462_2552412.jpg

今津界隈、旧街道の風景です。
現在でも営業されている、かなり老舗の旅館や商店などもあり雰囲気のある通りです。
d0174462_2561048.jpg

d0174462_2562841.jpg

近江今津の旧街道を抜けると、コースルートは湖岸沿いの見晴らしのいい道へと続きます。
向こうのほうにうっすらと虹が見えるのをご確認出来るでしょうか?
d0174462_2571775.jpg

湖岸沿いをひたすら、ひたすら、走ります。
d0174462_2583398.jpg

d0174462_2591966.jpg

次の休憩ポイントが見えてきました。
d0174462_2594416.jpg

湖北の西浅井町塩津のコンビニでポイント休憩を取って以降、少し長い区間のライドと
なりましたが、「道の駅しんあさひ風車村」で一度休憩を入れます。  ホッ・・!
d0174462_311874.jpg

d0174462_315072.jpg

「道の駅しんあさひ風車村」に到着しました。お疲れさまです。
現在地の確認をし、体が温まっているうちに、水分、食料の補給を済ませます。
d0174462_322996.jpg

休憩ポイントの「道の駅しんあさひ風車村」を出発し、コースルートはR161へと入ります。
道幅は広めですが幹線道路で交通量も多く、走行には更なる注意が必要です。
d0174462_34121.jpg

近江高島魚港付近を走行中です。これより白髭浜湖岸沿いに差し掛かります。
d0174462_35596.jpg

そして暫らく走ると、琵琶湖畔に浮かぶ白髭神社(しらひげ)の鳥居が見えてきました。
ちなみにこちらの白髭神社は近江国最古の神社とされ、全国に位置する白鬚神社の
本社ということらしいです。
d0174462_361492.jpg

d0174462_365556.jpg

車では何度も通り過ぎたことはありますが、自転車で通ると改めて琵琶湖を走っているという実感が湧いてきます。
d0174462_371838.jpg

向こうに見える比叡山のあたりには雨雲が・・。この後、約30分ほど小雨の中の
走行となりました。
d0174462_39194.jpg

見晴らしのいい湖岸線を走った後、北小松からはこのような道幅の狭い車道が続きます。
湖西エリアでここから先は道幅も狭くなり交通量も多いので少し走り辛い区間となります。
d0174462_395791.jpg

蓬莱付近を走行中です。依然道幅は狭く、決して走り易いとは言えない区間です。
d0174462_3104676.jpg

和邇付近までやってきました。琵琶湖大橋まではもうすぐです。
相変わらずの道幅の狭さと交通量の多さに、緊張と集中力を保ちながらの走行が
必要となります。
d0174462_3113667.jpg

写真ではちょうど木の陰に隠れて見えませんが、向こうにはもう琵琶湖大橋が見えます。
d0174462_3122887.jpg

琵琶湖大橋へ向かう最後の区間「真野」の標識を通り過ぎます。
大橋の手前はこのように道幅も狭く渋滞が続いていますが、ここはしっかりと
気を抜かず最後の渋滞をクリアしていきたいと思います。
d0174462_3162549.jpg

そして、前方に琵琶湖大橋の方向を示す標識が見えてきました。やっとここまで来ました。
d0174462_3172998.jpg

先ほどの交差点を左折し、琵琶湖大橋へ向けだんだんと登っていきます。
自転車で走るのは初めてなので何だかワクワクします。
d0174462_318615.jpg

橋のちょうど4分の1付近まで来ました。ここでもかなりの高さです。
d0174462_3193758.jpg

琵琶湖大橋の一番高いところまで来ました。

ここからは360度ビューで琵琶湖が一望出来ます。
時間は4時45分、夕暮れの空と向こうの方まで続く湖面の風景がとても綺麗でした。
たぶん、私にとっては日常の私生活ではあまり見ることのない風景です。
  
大橋の上から見渡した各方面の風景を撮りましたので、もし宜しければ
一周走った時の気分を想像してご覧頂けたらと思います。

大橋から湖北方面を望みます。
d0174462_3242170.jpg

同じく、大橋から湖北方面を望みます。小さな船が浪を立て走っていきます。
d0174462_3252133.jpg

大橋より守山方面を望みます。
d0174462_3263258.jpg

大橋より蓬莱山、比良山方面を望みます。
d0174462_3273664.jpg

守山方面へ急勾配を下ります。
d0174462_3281518.jpg

大橋を渡り終えたコンビニで休憩し、その後スタートした草津を目指します。
d0174462_3294588.jpg

d0174462_3314196.jpg

ちょっと、琵琶湖にも別れを告げるような気分で草津へと向かいます。
d0174462_333023.jpg

d0174462_3342376.jpg

d0174462_3344143.jpg

湖東編、湖北編、湖西編と3編に分けご紹介してまいりました琵琶湖一周サイクリング。
琵琶湖大橋からの周回は約160kmということですが、草津よりスタートし
一日で走った総距離は182km(メーター表示)となりました。

コースルートは湖北で2ヶ所の小規模な峠(登り)がある程度で、あとはほぼフラットと
言っても宜しいかと思います。

琵琶湖一周サイクリング 全編の様子はこちらからご覧いただけます。



公式サイトのご案内
サイクルショップ イワ井の公式サイトでは、ロードからマウンテンバイク、クロスバイク・シクロクロス、折りたたみ自転車・小径自転車、ランドナー・スポルティーフなど、多彩な品揃えでご紹介しています。一般車も各種ございます。ぜひお立ち寄り下さい。
大阪府池田市菅原町2-5 (株)サイクルショップイワ井  
                
URLはこちら http://www.cs-iwai.com/
by cs-iwai | 2011-12-06 02:36 | イベント
<< TACURINO COZMA ご紹介 琵琶湖一周サイクリング180k... >>